日本にいながら英語を学べる方法と種類

日本人は英語を小学生から学んでいます。
そして社会人になってからも学び続けています。

できるならより効率的に、そして楽しく英語を学ぶ方法はないのでしょうか。

日本にいながら英語を勉強できる方法をまとめてみました。

~~英会話教室~~

2~6名程度の少人数グループが英語を話す外国人講師を交えて座り、一人ひとりよく使う例文を発音し、講師とコミュニケーションをとる内容となっています。
対面でのコミュニケーションがメインとなっており、現在は海外の方が講師となることがおおいです。学生向け、社会人向けと多様なニーズに適応している。

~~オンライン英会話~~

場所を気にせず行える一躍人気になりました。
スカイプ等を利用して格安で行えることが強みとなっております。
自宅にいながら好きな曜日、時間帯にレッスンが受けられる「手軽さ」が最大の特徴です。

~~動画やラジオ~~

NHKが主に放映している作品を見ながら勉強をします。
「リトルチャロ」などが有名でかわいいキャラクターが英語を話す作品となっています。
作品の後には英語の先生がポイントを説明してくれます。

~~スピードラーニング~~

聞き流すだけで英語が話せるようになる」と宣伝をしているスピードラーニングです。
「英語を聴くことはリスニングの学習です」「英語が話せるようになるためには実際に英語を話す練習が必要です。」という宣伝をしています。
「聞き流すだけ」がポイントになっています。

~~マック鈴木の英語野球教室~~

国内初、英語で野球を体験する英会話教室となっています。
日本プロ野球業界唯一のバイリンガルであるマック鈴木さん自身がプロデュースしています。コンセプトは、英語が「話せない」「読めない」「書けない」子供達でも、英語を聴けるヒアリング能力はすでに備わっています。

私たちは、このヒアリング能力を英語環境下で飛躍的にのばし英語を英語で理解できるまでに育成し、英語の総合力をそこあげする。
対象年齢は5~10歳で運動をしながら英語を学べます。

~~独学~~

専門書や自分の好きなスタイルで勉強をする方法です。
時間や場所をとられず、好きなタイミングで勉強をできることやテキスト代以外はかからないことがポイント。
ただ、やり方が間違っていた場合なかなか効果が上がらないことも多々ある。

Pocket